湯船で読書!Kindle Oasisを持ち込める銭湯&温泉を作ってほしい。Kobo Auraでも可。

YAMA_DSC1015-Edit_TP_V.jpg

きょうの関西地方はきのうより平均5度も寒くなったそうです。

寒い冬は温かいお風呂に浸かりたくなりますよね!

私は1週間に2回以上銭湯や温泉に行きます。

きのう、いつものように行きつけのスーパー銭湯に行くと、湯船で本を読んでる人を見つけたんですよ。

銭湯に本を持って入ることがOKかダメなのかは分かりませんが、それを見て「本を読める銭湯があれば通うやろうな」と思ったわけです。

そこで調べてみると、いくつかありました!

おふろcafe utatane

他の情報は、ブログなどに記載があったものの、公式サイトで見つかるのはここくらいです。

しかも埼玉か…無理やな…(大阪在住)

もっとあったらいいのになー。

昔ながらの銭湯がどんどん廃業している中で、本が読める銭湯をやったらウケるんちゃうかな?

そこで考えたのが…

防水機能の付いたKindle Oasisでどうでしょう?

お風呂場に本を置くのはダメージが大きそうだし、衛生的に?なので。

フロントで入場料とは別に時間料金で貸し出して、1時間いくら…とかなら借りる人多いと思います。

個人のタブレットとかは盗撮の危険性があるから持ち込み可には出来ないでしょうから、お店が貸し出すのなら他のお客さんも安心。

スーパー銭湯なら管理もきっちり出来そうだし、実現は早そうですよね。

Kindle Oasis の値段がひとつ38980円だとして、10個導入するとして約40万円。

1時間300円だとして、それぞれ1日5時間ずつ貸し出されたとして合計1万5千円。

1万5千円×30日で1カ月45万円の売り上げ!

すぐにPayできるじゃないですか!

電子書籍(kindleに入ってる本のデータ)を買わなくても無料のタイトルだけでも5万冊ありますからね!

Amazonプライム会員なら自分のアカウントで読み放題だし。

読書が読める銭湯として、メディアに取り上げられる事もあると思われるので、利用客数アップも見込めますしね。

まあ、メンテナンス費用とかはよくわかりませんが(笑)

楽天ユーザーのためにもKobo Aura H2O Edition 2も併用できたらなお良いかもしれませんね!

思い付きレベルですが、銭湯経営者の方いかがでしょうか?

必要であれば、メディア向けPRも担当しますよ~。笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中